現在、新型コロナウイルス感染症の流行により、ご依頼を受けてから張替に伺うまでにお時間を頂いております。

7月末、1月末は大学の試験のため、4月頭は年度初め、また、年末は繁忙期のため少々お待ち頂く可能性があります。 閑散期は8月、9月(夏休み)と3月(春休み)です。

張替までの流れ

以下の流れで張替を行います。依頼から張替当日までの期間は概ね2週間〜1か月ほどです。

ご依頼
ページ下部「ご依頼方法」をご覧のうえご連絡ください。
折り返しでのご連絡
ご依頼から概ね3日以内に折り返しご連絡を差し上げ、見積もり日時を決定します。なお、障子のみの張替の場合はお宅へ伺うかたちでの見積りを行いませんので、折り返しのご連絡の中で紙や張替日時などを決定することとなります。
当クラブからの折り返しが無い場合、お手数ですが、(メールの場合)迷惑メールフォルダをご確認いただいたうえで、もう一度ご連絡ください。お電話の場合はメールでの連絡もお試しいただくようお願いいたします。
見積り
部員がお客様のお宅へお伺いします。 見積りでは、お客様に紙の柄を選んで頂くとともに、 部員が襖・障子の採寸、 料金の見積り、張替日時の決定を行います。
張替
お客様のお宅で張替を行います。その際お客様にご用意いただきたい物品がございます。詳細はページ下部「張替作業について」をご覧ください。
会計
作業後にその場で会計を済ませて完了となります。

ご依頼方法

以下の項目を 03-3816-1384 (留守番電話)または fusuma.club★gmail.com (★→@)にご連絡下さい。お電話の場合、電話番号の伝え間違い、聞き取りづらい録音が多いので、明瞭で大きな声で録音を残していただくようにお願い申し上げます。

  • お名前
  • ご住所
  • 電話番号(Eメールアドレスでも可)
  • 依頼内容(襖、障子の枚数大きさ)
  • 紙の希望(紙の種類予算
    • 見積りで持参する紙の見本の目安にします。
    • おおまかな指定で構いません。
  • その他(こちらからご連絡を差し上げる時間帯の希望など)

メール文面例

  • 名前:襖 張男
  • 住所:東京都文京区本郷7-3-1
  • 電話番号:03-0000-0000 (hario-fusuma@example.com)
  • 依頼内容:
    • 襖押し入れ2枚(180×80)
    • 襖押し入れ2枚(40×80)
    • 襖間仕切り2枚(180×80)
    • 襖板戸大2枚(180×90)
    • 障子4枚(90×180)
    • 障子2枚(70×80)
  • 紙の希望:
    • 【例1】襖紙は1枚2000〜3000円くらいで、白かベージュで無地のもの。障子は丈夫なもの。
    • 【例2】できるだけ安く、露草の総模様。
    • 【例3】1枚3000円以下、明るい色合いですっきりしたデザインの紙。
    • 【例4】4枚柄の和風なもので、予算の制約は特にない。
  • 備考:平日の場合、連絡は18時以降でお願いします。2月中の急ぎの張替希望です。

張替作業について

当クラブの新型コロナウイルス感染症対策についてはこちら

作業部屋にはブルーシートを引き、部屋が汚れない状態で作業を行います。また、以下のものをご家庭でご用意して頂きます。

ご準備いただきたいもの

  • 部員が作業可能な部屋(6畳以上が望ましい)
  • 洗面器:2個以上
  • 古新聞:1週間分
  • 捨ててもよい雑巾:数枚
  • 可燃ゴミ袋(大):数枚
  • テーブル:1脚(襖を置いても安定するもの。なければこちらで用意します)
  • タウンページ:2冊(重しとして使うので、辞書などの代用品でも可。包装して使いますが、万が一を考え汚れてもよいものをお願いします)
  • 作業者の昼食
    • 感染対策の観点から、弁当をご用意いただくか、昼食代をいただいております。